こぎくの食卓 ごはんで元気

血液検査結果を受けての食事日記です。日々のご飯記録を淡々と。たまに体調記録もつけます。

きょうの食卓 10月16日(月)

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

ずいぶん寒い朝でした。

起きた時から喉がイガイガして、一日中違和感がありました。

気候の変化に身体が追い付きません。

酷くならないうちに養生したいと思います。

 

朝ごはん

f:id:kogikuya:20171016220352j:image

 

茶粥

小松菜と油揚げの煮浸し

ひじきとレンコンのオイマヨ和え

煮卵半分

金山寺味噌(お粥に乗せています)

葡萄

 

温かいお粥が美味しい季節です。

が、熱すぎると身体に負担が掛かるので、炊き上げるタイミングが難しいです。

 

お昼ごはん

f:id:kogikuya:20171016220758j:image

 

白ごはん/黒胡麻

豚の茄子味噌炒め(昨夜と同じ)

さつまいものマーマレード煮(夏蜜柑)

木耳の中華酢和え

煮卵一個

プチトマト

大葉

茹で栗

 

茄子味噌炒めは夕べの時点で倍量を作って使い回ししました。

お茄子もあと一本消費したら今年は終わり。

これからはもっとほっくりしたお野菜を食べなくては。

 

茹で栗は、栗ジャムにしようと茹でたのですが、ジャムにする工程の前に力つき、そのまま食べようとしたのですが、とっても控えめな甘みに、夫も私も涙です…

 

おやつ⇨喉飴3個のみ

 

晩ごはん

f:id:kogikuya:20171016221534j:image

 

白ごはん

鯖の塩焼き/生姜の甘酢漬け

あさりのお味噌汁/大葉

茄子味噌炒め(豚肉無し)

炒り鶏(鶏肉、蓮根、人参、蒟蒻、干し椎茸、えんどう豆)

 

普通の献立が、私の身体にとっては薬になるという、和食って有難いです。

 

そして、喉のイガイガにはこれを。

f:id:kogikuya:20171016231101j:image

 

梨の温かいデザート

こちらのサイトを参考にしました。

咳と喉のトラブルには、温かい梨のデザートが”効く”!|日本橋店|漢方不妊治療、アトピーの治療相談はイスクラ漢方薬局(東京)

 

かなり大きかったので、夫と四分の一ずつ食べました。

明日の朝、喉の調子が良くなっていますように。

 

ところで、週末の不節制が、やはり身体に出て来ました…

 

指に湿疹と痒み

喉に痰がからむ

鼻筋に吹き出物

 

指の湿疹と喉の痰は、胃に負担が掛かり、身体の不要な水分が排出出来なかったためだと思われ。

※私個人の場合ですので、全ての人に当てはまる訳ではないと思います。

鼻筋の吹き出物は、ネットで検索してみると…肝機能の衰えの可能性!(◎_◎;)

あまりに当てはまり過ぎて驚くやら納得するやら(汗)

おかげでおやつも喉飴3個だけで我慢出来ました(苦笑)

 

今は身体の変化に特に敏感になっているのだと思いますが、その間にしっかり観察して、自分の身体を理解しておきたいものです。

 

こぎく